坊ちゃんの湯 2階席へ


c0091505_18161375.jpg
きしむ階段を上がり、広い2階席(大広間)に入りました。
「男湯はこの下、女湯はこっちの階段を下りて左へ曲がって・・。」と、
係の方の説明を聞いてから、いざ「霊(たま)の湯」へ。
階段を上ったり下りたり曲がったり、、、やっぱり迷路です。

「霊の湯」は人が少なくとても静かです。ちょっと深めの浴槽にのんびりと浸かりました。
極楽、極楽! 

湯上りに、「お茶とお煎餅」のお接待を受けます。
朱色の天目台は輪島塗り、湯呑みは砥部焼です。
何とも言えない贅沢な気分で、ゆったりと貸し浴衣でくつろぎます。

お茶を頂いた後は、今度は1階の「神の湯」へ。
ここは、昔の共同浴場の雰囲気そのままで、大勢の人で溢れ賑やかでした。
地元の人の、交流の場という感じでしょうか。

Top▲ | # by mizuki-39 | 2017-05-07 19:47 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
坊ちゃんの湯
c0091505_18535289.jpg
道後温泉本館 
別名「坊ちゃんの湯」は、地元の愛称のようです。
古い建物の風合いに、100年を超す歴史の重みを感じます。
去年「ぶらタモリ」で道後温泉やってましたね。

嵐の二宮君主演のドラマ「坊ちゃん」よかったな~、などと思い出しながら、
ここに来られた感動に浸っていると、
「赤い線をまっすぐ進んで、2階に上がってください」と、
係の方にテキバキと誘導されました。

赤い線に沿って進むと、2階「霊の湯」の休憩室にたどり着くようです。
まるで迷路のようです。

Top▲ | # by mizuki-39 | 2017-05-06 21:10 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
5月の花

c0091505_12192539.jpg
あと3分で「坊ちゃんの湯」に着くのですが・・・

その前に、庭の花が見ごろなので一枚。


Top▲ | # by mizuki-39 | 2017-05-05 19:58 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)
雨の道後温泉
c0091505_23331837.jpg
「かごの中に石鹸とタオルを入れて、
浴衣でカランコロ~ンと下駄を鳴らして‟坊ちゃんの湯”へ行けますよ。」(by門前の小僧さん)
と、道後温泉の醍醐味を聞いていたので、楽しみにしていました。

ホテルのはき物は、下駄ではなかったけれど・・・気分はカランコロ~ン♪
花散らしの雨だけど・・・・気分はルンルン♪

テレビで何度見たことでしょう。
あの「坊ちゃんの湯」に、あと3分で着くのです。


Top▲ | # by mizuki-39 | 2017-05-04 20:01 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
マドンナ

c0091505_21003634.jpg
愛媛県 松山市
道後温泉には、本当に美しいマドンナがいましたよ。


Top▲ | # by mizuki-39 | 2017-05-03 20:03 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
鯛めし

c0091505_23213057.jpg
愛媛県 宇和島市 郷土料理「かどや」 

宇和島のご当地グルメは”鯛めし”と聞いて、、
お昼はここ、と決めていました。

食べ方が独特で、、、、
卵が入った醤油タレの中に、鯛の刺身・海藻を入れてよく混ぜ、
ほかほかのご飯に載せて頂きます。

先日、偶然テレビで見たのですが、こういう食べ方は、
全国的にも珍しいようです。

まろやかな卵醤油のタレと、ぷりっぷりの甘い鯛が絡まって、
それはもう極上の美味しさです!!まさに絶品。

おひつのご飯、全部平らげました。
忘れられない味です。



Top▲ | # by mizuki-39 | 2017-05-02 19:10 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin