お道よろしゅう
c0091505_19364061.jpg
四国には、過酷な旅を続ける「お遍路さん」に、お茶や食べ物を無償で振る舞う、
「お接待」という、思いやりの文化が根付いています。

そして、物を振る舞うだけでなく、
「ご苦労様です。どうぞ道中ご安全に・・・」と、
お遍路さんの背中に声をかける思いやりの心も、大事なお接待です。

そんな、「お接待」のボランティアをされている方が、
私のブログ友の「門前の小僧」さんです。
今回の、四国の旅は「門前の小僧」さんにとてもお世話になりました。

写真のお守り「お道よろしゅう」は、門前の小僧さんの手作りです。
「道中ご安全に・・・」という、昔の方が使っていた言葉だそうです。

道後温泉のホテルで、緊張の初対面を果たしました。
地元の方ならではの四国の楽しいお話を伺い、「もっと話を聞いていたいな~」と思いました。
門前の小僧さんの温かいお人柄、そしてお接待の心に触れ、
旅が10倍楽しくなりました。

たくさんの写真を一枚一枚選びながら、
楽しかった思い出に浸っていましたが、これで四国の旅レポートは終わります。

愛媛県松山市のはずれ「坂本屋」でお接待ボランティアをされている、
「門前の小僧」さんのブログはこちら「門前の小僧 遍路日記」です。


Top▲ | by mizuki-39 | 2017-05-14 20:58 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mizuki39.exblog.jp/tb/26660407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by HITOHA21 at 2017-05-14 22:01
旅の思い出が、膨らむふれあいっていいですね。
綺麗なところ、見たことのないもの、初めて食べるものと
旅にはいろいろな喜びがありますが、
その地の文化が一番伝わってくるのが地元の方とのふれあいですよね(^^
いい旅をされましたね。
そしていつまでも思い出に残るたびになったのでしょうね(^^
おかえりなさい(^^
Commented by jh5swz at 2017-05-15 16:05
mizukiさん、
 「そうだ四国へ行こう」旅、たいしたお役には立てませんでしたが、
『楽しかった』と、仰っていただき門前の小僧も喜んでおります。

 一巡1200㌔を歩くお四国参りお遍路さんへの「お接待」のことを
丁寧にご紹介していただきありがとうございました。
 こちらでは高島屋や三越さんで、白衣に菅笠のお遍路さんが買い物を
されていても、電車に乗っておられてもまったく違和感がありません。
 空港にはお遍路さん専用の更衣室まで用意してあるくらいですから。

 ”初対面”、緊張なさいましたか?鬼でも蛇でもなかったでしょ(笑)。

 私の拙い遍路日記ブログを「薄紅色の花」愛読者にご紹介して頂いて
ありがとうございました、次回の投稿から”緊張”しそうです^.^
mizukiさんのお友達皆さま、どうぞよろしくお願い致します。
 (長いコメントになりましたが、ご容赦願います)
 
Commented by Sippo5655 at 2017-05-16 22:00
ブログを通じてのお付き合いから
ご対面!
さらに素晴らしい旅路となったわけですね!
本当に素敵なことだと思います。
日本人の細やかな心遣いは
世界一じゃないかと思います。
Commented by mizuki-39 at 2017-05-17 18:59
☆HITOHAさん
>その地の文化が一番伝わってくるのが地元の方とのふれあいですよね(^^
本当にその通りだと思います。
思い出深い、いい旅になりました。


☆門前の小僧さん
門前の小僧さんのブログを見るまで、「お接待」のことは何も知りませんでした。

隣の旦那さんが3年前からお遍路に行かれているのですが、
旅の途中で地元の方から、‟梅干しを2つ“もらったそうです。
1人トボトボと歩いている時だったので、「涙が出そうだった」と言っていました。
お接待の心は、本当に温かく素晴らしいものだと思います。
旅の醍醐味は、やはりその地元のことを知ることが一番の収穫だと思います。
本当に楽しく、いい旅でした。ありがとうございました。


☆Sippoさん
ブログを通じてのご対面、ちょっとドキドキするけど、
楽しみでもありますね。
やはり、地元の方との触れ合いが、一番の旅の思い出になりますね。

Commented by 門前の小僧 at 2017-05-18 14:47 x
mizukiさん、
 四国の人間は、お遍路さんを見かけると、ほっとけないのかもしれません、
数年前に坂本屋でひと休みされた(7,8回目の)お遍路さんが、ご出発のとき
「寺は西国 情けは四国」と、寄書き帖に記してお発ちでした。
 私も「干し梅干」を車に積んでいます、特に暑い夏に歩かれるお遍路さんには
ほどよい塩分補給になりますから喜ばれます。
Commented by mizuki-39 at 2017-05-18 22:48
>門前の小僧さん

過酷な道中だからこそ、他人から頂いた「梅干し」に感動・感激したのでしょうね。
後方から追いかけてきて「これ食べな!」と差し出されたそうです。

地元の小学生も、お遍路さんを見かけると「ご苦労様です」と声をかけるとか。
人情に溢れた土地柄ですね。
「情けは四国」なるほどです。

門前の小僧さんの「梅干し」も、きっと誰かの心に届いていることでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 薔薇の魅力 | ページトップ | 石手寺 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin